• Home
  • ニュースリリース
  • 迅速かつ派遣経費の最小化を実現する国内最大級の「ドローンによるインフラ点検ネットワーク」を構築

迅速かつ派遣経費の最小化を実現する国内最大級の「ドローンによるインフラ点検ネットワーク」を構築

 この度、ドローンを利用したインフラ点検ソリューションを提供する株式会社ジャパン・インフラ・ ウェイマーク(本店:大阪市中央区、代表取締役社長:柴田巧、以下 JIW)は、2020年4月20日公表※1の資本業務提携等による今後の更なるインフラ点検事業の拡大に伴い、今まで以上に円滑なサービス提供ができるよう、各地域でのインフラ点検パイロット網を保有する株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野大輔)他9社と提携し、国内最大級のドローンによるインフラ点検ネットワークを構築し、サービス提供を開始いたしました。
JIWが保有する点検用ドローン機体の利用について講習を実施しライセンス制度を導入することで、ドローンを利用した点検業務における技術力の均一化を図るともに、株式会社CORE技術研究所(本社:大阪府大阪市北区西天満1丁目2番5号、代表取締役社長:真鍋英規)や有限会社丸重屋(本店:京都府京都市山科区勧修寺平田町57、代表:平手克治)など、旧来からインフラ点検業務を実施する各社との連携を強化することで、JIWはドローンパイロットの派遣だけでなく点検サービスの充実を図ってまいります。
※1「インフラ事業者を中心とした7社と資本業務提携へ」参考URL:https://www.jiw.co.jp/20200420-infra-tieup/

1.背景
 日本では、公共インフラの老朽化及びインフラ維持管理のための労働力不足が近年の課題となっており、業務の効率化を目的にドローンの利活用が各方面で急速に進んでおります。
しかしながら、インフラ点検分野においては、点検者の代わりとなり現場で構造物の撮影を行うドローンオペレータの技術力が重要となる一方で、オペレーターの数と技術力が不足しているのが実情です。 
JIWは、こうした社会課題を解決すべく、2019年4月の設立以降、NTT西日本グループのオペレーショナルエクセレンスを踏まえ、インフラ点検を実施してまいりました。
 今後は、インフラ維持管理を安心安全に実行すべく、自社で培ったノウハウを活かし、一定基準を満たしたオペレーターによるインフラ点検サービスの提供が可能な基盤となるスペシャリストネットワークを協力会社となっていただける事業者様と共に構築するとともに、オペレーター技術力の全国統一に向けて、当社はドローン機体利用における技術講習とライセンス制度を導入いたします。
JIWは、これを機に、様々な分野の企業と提携を深めることで、インフラ点検の品質維持を可能にし、ドローンの活用範囲の拡大をするとともに、今後もドローンによるインフラ点検ネットワークを拡大して参ります。

2.取組内容
① ドローンオペレータ、ドローンスクール、通信設備点検事業者、橋梁点検事業者などドローン事業者および既存設備点検事業者など幅広いジャンルの企業と提携しネットワーク構築を開始。今後も必要に応じて拡充する。 
② ドローンを活用した点検をより均一化するための実技講習の実施およびライセンス発行。
③ その他、NTT西日本グループで培ってきた設備点検実績と昨年1500設備点検実績で培った独自ノウハウによる専門講習を実施。

■開始期間
 2020年5月26日(火)~

■提携企業 全10社 ※敬称略、50音順

 株式会社アイエスティ
 株式会社A.L.I. Technologies
 株式会社CORE技術研究所
 Studio M2
 株式会社シーテック
 Dアカデミー株式会社
 株式会社東京光音
 DroneSystem
 HanaDrone
 有限会社丸重屋