• Home
  • ニュースリリース
  • インフラ点検における自動検査が可能なAI搭載クラウドシステム(PQRSシステム)の販売を開始 ―期間限定の無料お試しキャンペーンを実施―

インフラ点検における自動検査が可能なAI搭載クラウドシステム(PQRSシステム)の販売を開始 ―期間限定の無料お試しキャンペーンを実施―

 この度、ドローンを活用したインフラ点検ソリューションを提供する株式会社ジャパン・インフラ・ ウェイマーク(本店:大阪市中央区、代表取締役社長:柴田巧、以下 JIW)は、自社で開発したインフラ点検における自動検査が可能となるAIを活用し、そのAIを撮影動画に適用する“Waymark Reel”、静止画像に適用する“Waymark Qube”、それらシステムを束ねる点検プラットフォーム”Waymark Portal″の提供を開始いたします。また、2021年11月1日から2021年12月31日の期間中、実際のシステムに触れていただく事の出来る、無料お試しキャンペーンを実施いたします。
 点検業務にAIを活用することで、収集した膨大な点検データの解析・劣化箇所の識別を自動化し、点検オペレーションの効率化を図ることが期待されます。


1.背景及び内容
 インフラ点検分野において、ドローンを活用した点検が普及する中、さらなる業務効率化に向けては、企業間でのセキュアでスムーズな画像等の情報共有ニーズや、一連の点検業務を複数の企業で分担して行う場合であっても一定の基準をクリアする標準的な点検フローの確立に関するニーズが高まってまいりました。
 また、現在人出を通じて行われているドローン等を活用したインフラ設備点検で取得した膨大なデータ解析業務においても、作業の効率化を目的としてAI活用が近年注目されております。
 JIWはこれらのニーズに対応するべく、AIを搭載したクラウドシステムであるPQRSシステムを開発し、この度提供を開始することといたしました。

 

2.PQRSシステムを構成する4つの機能詳細について
 ①Waymark Portal
 機能:インフラ点検業務の一連の作業やデータ管理等を一元的に行うプラットフォーム
 特徴:空撮・点検プロジェクトの管理、工程毎の担当者のアサイン、点検システムとの連携、点検結果レポートの管理等が可能で、
    同一設備に対する複数観点での点検(共同点検等)のニーズにも対応しています

  Waymark Uploaderアプリケーション
  機能:大量の点検データを効率よく高信頼にクラウドへアップロードするアプリケーション
  特徴:複数の点検プロジェクトのデータをまとめてアップロードする一括アップロード機能や、動画ファイルなど大きなサイズの
     ファイルのアップロード途中に停止・再開を行うリジューム機能を提供します

 ②Waymark Qube
 機能:点検対象物のどの場所にどのような不具合が存在するかを、3D空間上で視覚的にわかりやすく表示する点検システム
 特徴:AI連携機能による画像解析結果を用いて、変状種別ごとの絞り込み、、AIが推論した結果が付与された点検画像を確認することができます

 ③Waymark Reel
 機能:動画を視聴しながら点検状況を確認する事で、撮影順に沿った撮影箇所の把握により設備点検を実施することができる点検システム
 特徴:AI連携機能により、画像解析結果を視聴する動画に付与することが可能であり、注視したい変状が含まれるフレームのみを絞り込む機能を有します

 ④Waymark AI
 機能:各分野の点検専門家監修のもと作成した高品質の教師データを学習したAIにより、高精度にドローン等で撮影した撮影画像の解析を行うことができます
 特徴:設備種別ごとに特化したAIにより、サビを中心とした変状の検出が可能です


3.今後の展開
 JIWは今後もドローン等を用いて撮影した膨大なデータを効率的に解析するAIラインナップを拡充し、お客様のインフラ点検の効率化、点検分野のデジタルトランスフォーメーションを推進していきます。






本件に関する報道機関からのお問い合わせ先 (※取材依頼はJIWまでお願いいたします)
株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク
開発部 担当:芝崎・岡田
E-MAIL :jiw_strategy@jiw.co.jp
※お問い合わせの際は、アドレスをお確かめのうえ、お間違いのないようお願いいたします。