TOPトピックスロボットとドローンを融合したインフラ点検ソリューションの提供開始~『ugo +drone』陸と空の全方位点検が可能に~

ロボットとドローンを融合したインフラ点検ソリューションの提供開始~『ugo +drone』陸と空の全方位点検が可能に~

 ドローンを用いたインフラメンテナンスサービスを提供する株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク(大阪市、代表取締役社長 柴田 巧、以下JIW)は、業務DXロボットの開発を手掛けるugo株式会社(ユーゴー、東京都千代田区、代表取締役CEO 松井健)と、「ugo +drone」という新たなインフラメンテナンスソリューションを開発しました。これはロボットとドローンの力を融合したもので、各技術の欠点を補うことでインフラメンテナンス業界に革新的な利便性と高効率をもたらすことを目指しています。

 「ugo +drone」は、ユーゴーのロボットにJIWが取扱いしている遠隔巡視点検用のSkydio社製ドローンが搭載されます。ロボットが特定の施設やインフラに簡単に移動し、ドローンを操縦し離発着させることができます。

 これにより、①長時間の飛行ができない、②フロア移動ができない、③無人でドローンを運搬できない、といったドローン側の課題が解消され、同時に、上空からの点検が難しいロボット側の課題も解決されます。このように、ロボットとドローンを一緒に活用することで、建物やインフラの保守作業が驚くほど簡単になります。この組み合わせにより、点検範囲が大幅に拡大し、さらに詳細な検査を安全に行うことができるようになります。

 本提携は、デジタルトランスフォーメーションと業界の効率化を推進する一環として、より効果的なインフラメンテナンスを実現することを目指しています。今後とも、JIWとugoは共同で効率的で、質の高いサービスを提供してまいります。

 なお、「ugo +drone」本日より注文の受付けを開始し、2023年7月から順次商品の出荷を予定しています。

 「ugo +drone」セット

 ・ロボット本体:ugo Pro/R

 ・ドローン本体:Skydio Dock Lite™と同等

 ・独自開発:折り畳み式離発着ポートと機体固定装置

 また、「ugo +drone」は、2023年6月26日から開催の「第8回ジャパンドローン」のJIWブースに展示予定です。(26日10:30からブース内でデモ予定)

Japan Drone 2023

開催日時:2023年6月26日(月)~2023年6月28日(水)10:00-17:00

開催場所:幕張メッセ

ブース:BD-24(株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク)

<製品のお問い合わせ先>

株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク

事業推進部 アライアンス担当

mail: jiw_alliance@jiw.co.jp

【ugo株式会社について】

  ugo株式会社は、次世代型アバターロボットと、様々なロボットを統合管理するプラットフォームを提供しています。人とロボットの協働モデルと環境データの収集・分析によって、従来の労働集約型の日常業務を最適化し、少ない労働力で成り立つ運用システムを構築します。

■ugo株式会社 会社概要

所在地: 東京都千代田区東神田1−7−8

設 立: 2018年

代 表:松井 健

URL: https://ugo.plus

事業内容:ugoソリューションの提供・運用、RaaSフレームワークの開発・提供・運用