ニュースリリース

/    MISSION    /

効率的な点検サービスで、社会インフラ管理を変えていきます

null

鉄 塔

鉄塔のような高所での危険を伴った昇降作業を、ドローンにより回避でき、人が実施するのに比べ、短時間で点検を行うことが可能です。

null

橋 梁

橋梁点検作業専用ドローンにより、人の目で点検することが難しい場所でも特殊車両を使用せず、空撮作業点検が可能です。

null

法 面

人が立ち入ることが困難な山奥で斜面がくずれないために設置された法面においてもドローンを使用することにより、自動航行を使い効率的に、空撮での点検が可能です。

橋梁、鉄塔、法面など、日本のインフラは老朽化が進み、その維持管理にかかるコストおよび、
技術者の減少、高齢化などが社会課題となっています。
そして、それらの課題を解決するための新しい技術へのニーズは、日々高まりをみせています。

ジャパン・インフラ・ウェイマークは、そのようなニーズに対する答えのひとつとして、
デジタル技術を活用した効率的な点検サービスを提供していきます。

サービス内容を見る
ドローンを活用したインフラの撮影

Method

01

ドローンを活用したインフラの撮影

高所や立入りにくい場所でも、
カメラを搭載したドローンを飛行させ、対象インフラの状態を撮影します。

Method

02

遠隔目視点検

空撮データから3Dモデルを生成。
デジタル上で可視化できることにより、
現場から離れた場所で分析し、不具合を検出します。

※本サービスは「KnowledgeMap® 4D」を使用しています。
 「KnowledgeMap® 4D」はNTTコムウェア株式会社の商標または登録商標です。

遠隔目視点検

/   SERVICE   /

インフラ点検をトータルサポート

当たり前の存在を、
当たり前に維持するために。

例えば日常歩いている橋、それはあって当たり前の空気のような存在ですよね。でも実際は雨風にさらされ、少しずつ劣化していて、定期的なメンテナンスが必要とされています。
そんなインフラの点検には、適切な準備や、安全への配慮が求められます。NTT西日本グループには長年にわたって培った、情報通信インフラ設備を機能維持・管理した実績とノウハウがあります。
当日の現場撮影に加え、事前の各種申請や近隣対応等、ワンストップでおまかせください。

ジャパン・インフラ・ウェイマーク
中嶋研太

デジタル化の蓄積が、
社会のソリューションになる。

今、高度成長期に作られたインフラの老朽化が進む反面、それらをメンテナンスする労働力が不足し、技術の後継者育成が課題となっています。
そんな社会課題の解決策のひとつとして私たちは、NTT西日本グループが培ってきた点検技術のノウハウをデジタル化し、AIに学習をさせることを進めています。AIが成熟すれば、膨大な画像データから不具合箇所を自動抽出することができ、点検作業がより効率的になると思います。
技術者不足が叫ばれている中、私たちが点検報告となるレポートを提供させていただきます。

ジャパン・インフラ・ウェイマーク
柴田巧