TOP導入事例「平城宮跡歴史公園スマートチャレンジ」社会実験にて国営公園では日本初となる衆人環視でのドローン自動航行を実施

2022.03.01

「平城宮跡歴史公園スマートチャレンジ」社会実験にて国営公園では日本初となる衆人環視でのドローン自動航行を実施

国土交通省国営飛鳥歴史公園事務所が管理する平城宮跡歴史公園(奈良県奈良市)にて、平城宮跡歴史公園スマートチャレンジに参画し、維持管理の効率化、新技術の活用及び社会実験を目的に、点検用ドローンSkydio J2を用いた衆人環視下における国営公園での実証実験を実施しました。

自動航行の様子(黄色枠内=J2)
ネストへの着陸
点検用ドローン Skydio R2 for Japanese Inspection
ネストの外観

維持管理の効率化

平城宮跡歴史公園では、広大な敷地内における公園設備(構造物・ベンチ)の状態確認、草木の植生状況の把握に人手を要しており、維持管理の効率化に関する課題がありました。
そこで当該課題を解決するべく、約1ヶ月間、弊社保有の小型ドローンを活用した自動航行の技術によって公園内の画像を取得し、点検作業の効率化に関する実証実験を行いました。

実施内容

期間2020年11月10日(火)〜 2020年12月4日(金) 述べ18日間
目的本取り組みでは、ドローンの離発着起点となるネスト(図2)からドローン飛行を行い、公園内の指定した複数のポイントを自動的に航行することで、公園の維持管理に必要なデータを取得する実験を約1カ月間行いました。
また期間内には、公園利用者等の第三者がいる環境下での自動航行の実施にもチャレンジしております。
実施内容「ドローンの離着陸起点となるネストの常設及び動作実験」「公園利用者等第三者がいる中での自動航行実験」を実証しました。
実験は、機器の屋外常設における要件確認/機能従属性の確認、法令・制度、運用方法、点検対象の観点から行っており、飛行ルート直下の立ち入りを制限する等の安全対策にも取組みました。
ネストからクレードルが出る様子
※ネストからクレードルというドローンが離発着するための皿が伸縮し離発着を行う。
J2からの撮影映像
クレードルの拡大図とJ2
多くの学生が見守る中で自動航行する様子(J2撮影映像)

インフラ設備等の維持管理効率化を促進

今回の実証実験により従来の取り組みでは難しかった、人が敷地内にいる中でのドローンの自動航行を国土交通省の管理下である平城宮跡歴史公園で実施し、安全性を確認すると共に、維持管理の効率化に役立つ営みであったことを確認しました。
今後は、様々なインフラ設備等の維持管理効率化を促進すると共に、安心安全に暮らせる社会づくりをドローンの自動航行技術を用いて実現していきます。

平城宮跡歴史公園スマートチャレンジシンポジウム映像(YouTube)
開催日:2021年1月11日(月・祝) 
YouTube   :https://youtu.be/siarfaf5Gtw
リーフレット  : https://www.kkr.mlit.go.jp/asuka/heijo/psc/pdf/20201228_leaflet.pdf

参考URL:平城宮跡歴史公園スマートチャレンジ 紹介ページ
https://www.kkr.mlit.go.jp/asuka/heijo/psc/

参考:利用ドローンの紹介
点検ドローン Skydio J2 レンタルサービス
https://www.jiw.co.jp/rental/